いただきますにゃんこ 得意分野について

2019年7月7日に書いた記事を移転させました。


ブルーナさんも初期のキティーちゃんも大好きでした。

くっきり主線のキャラクター、好きです。


「いただきますにゃんこ」を描きました。


このタッチは好きなんですが、よくあるんじゃないかとか、色々考えて押してこれなかったです。

有名なイラストレーターの方々も、好きなアーティストの影響を受けていて作品に色濃くそれが出ています

好きだから、それで押せるのだと思うんです。

自分は振り切りが出来なかったのだと、最近つくづく思うのです。


かつて仕事で求められるからと、色々なタッチを使うのは楽しかったです。

けれど、それだけで終わってしまうと、「これはあなたが得意だからお願いしたい」というものが無いまま年を取ってしまうのです。


仕事にしたいなら色々描きわけられたほうがいい。

でも、これと思うタッチを躊躇せずに出し続けて得意分野を持つ。

そこが大事だとつくづく感じています。


下のにゃんこは、そーだそーだと言ってるでしょうか?

いや、「知らねーよ」 って言ってる気がする。

だってにゃんこは猫ですからねー。



オッチアート工房

illustrator 落合ゆうこ (yuko ochiai) Official site

0コメント

  • 1000 / 1000