貼り絵「なつがいく」について

2019年3月27日に以前のブログに投稿したものを移転させた記事です。


先日の企画展は殆どがiPadでのデジタル制作でしたが、一番大きなサイズはデジタルではなく貼り絵でした。

絵について書くことにしました。

タイトルは「なつがいく」


夏の花畑に猫がいるように見えるかも。

中央の猫は以前飼っていた「ナツ」という名の猫です。


複数の意味をかけました。


夏の花畑を「ナツ」が行く

夏の花畑を花に祝福されて進んでいく

祝福は生涯続く

いのちが終わっても続く

動物だけではない、全てのいのちは祝福されている

祝福されますように


そんなことを祈りながら作成したものです。

作成したときの意味は書かないつもりでしたが、

そこはあまりこだわらずに書くのもいいかなと思いなおしました。


本当に全てのいのちが祝福されているのかな?

と感じる出来事が世界中に溢れている日々。

目をおおいたくなるような出来事は人によって行われていて、人間は天使にも悪魔にもなれるのかと思います。


日々の小さな営みの中に、まわりと比べることなく認め感謝する、そんな小さな積み重ねが、ちょっとずつ幸せを広げる種になっていく。

私の思う祝福は、相手を自分を讃え尊重することで、いのちの尊厳にも通ずる、そんな風に感じます。

失敗することもあるけれど、それを忘れたくないです。


作品を観る人にもその周りの人々にも動物にも何もかも、祝福が降り注ぎますようにと願いながら制作しました。


明るい色彩に、何となく気分よく気持ちよくなって貰えたら嬉しいです。


オッチアート工房

illustrator 落合ゆうこ (yuko ochiai) Official site

0コメント

  • 1000 / 1000